女性ホルモン

イソフラボンは月経サイクルをサポートする

イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも言われていますが、エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性ホルモンの一つで、プロゲステロン(黄体ホルモン)と共に存在します。
この2つのホルモンバランスにより体のリズムが整っています。
どちらか一方が減少したりするとたちまち体調はおかしくなります。
それでなくても生理前になると体調がおかしくなり、PMS(月経前症候群)という状態になります。
しかしこれも一時で生理が始まれば状態はもとに戻ります。
女性ホルモンが欠乏すると、薄毛になったり肌荒れを起こしたりします。

また、成熟期の方は、月経周期の変動や不妊等の原因にもなります。
こうした時、イソフラボンを摂食したりイソフラボンのサプリメント摂取で穏やかに状態を解消してくれます。
更年期の方で女性ホルモンが欠乏すると、エストロゲンの分泌量が減少し、最終的には分泌しなくなります。
通常この期間は、閉経前後5年間とされていますが個人差はあります。
さらに更年期になると骨からカルシウムが溶け出す(骨粗鬆症)ことが言われています。
こういった様々な症状を緩和してくれるのがエストロゲンですから、植物性エストロゲンを摂食したりサプリメントで代用することが大切だと思います。
常日頃から月経不順だと感じられている人は、前もってサプリメントを使用しないでください。
逆に更なる不順状態を引き起こすかもしれません。
イソフラボンの適量摂取でPMSや生理痛の緩和が期待できます。