女性ホルモン

イソフラボンは健康や美容に貢献してくれる

イソフラボンには2つの型式があります。
その型式は、グリコシド型とアグリコン型です。
グリコシド型は主に大豆食品に含まれている型式で糖質と結合しているために、唾液や胃液の消化酵素では分解できません。
従って、腸に入り腸内細菌が糖を徐々に分解してイソフラボンを吸収するようになりますから、イソフラボンの効果を発揮するまでには時間がかかります。
これに比べ、アグリコン型は糖などとの結合のない単体の状態のもので体内への吸収が早いのが特徴です。
このアグリコン型の性質を利用して化粧水http://www.indieking.com/tounyuu.htmlになっている商品が多くあります。

皮膚から直接吸収させると、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促すと共に脂腺抑制作用もあり、ニキビ・湿疹・油性皮膚などを予防したりする効果があります。
また、イソフラボンに含まれるゲニステインという成分によりシミなどの原因になメラニンを抑制することにより「美白効果」や「アンチエイジング効果」もあります。
健康のためのサプリメントとして利用される場合は、化粧品と違い胃液で分解されることのないグリコシド型で摂取されることが大切です。
女性ホルモンのエストロゲンに代用できる「植物性エストロゲン」ですから適切な分量を摂取することで様々な女性特有の症状にその効果を発揮することができます。